UbuntuにCakeBoxをインストールする

CakePHP にさわろうとして、環境構築でめんどくさくなったのですが、 CakeBox という便利そうなものを知りまして、実際にインストールして使ってみようと思います。

CakeBox とは

GitHub: alt3/cakebox

インストール

CakeBox のダウンロード

Cakebox のプロジェクトを git リポジトリからクローンします。

$ git clone https://github.com/alt3/cakebox.git
$ cd cakebox

前提ソフトウェアのインストール

VirtualBox と Vagrant をインストールします。
この記事の時点では、
– VirtualBox 4.0以上
– Vagrant 1.6.0以上
のインストールが必要でした。
詳しくは README.md の「Requirements」をみてください。
満たしている場合は、 VirtualBox と Vagrant のインストールはとばしてください。

VirtualBox のインストール

Oracle VM VirtualBoxよりダウンロードしてください。
私の場合は、VirtualBox 5.0 の Ubuntu 14.04 64bit 版をダウンロードしました。

続いてインストール。
ダウンロードしたフォルダに移動後、 dpkg コマンドを実行します。

$ cd ~/Downloads
$ sudo dpkg -i ファイル名(virtualbox-5.0_5.0.14-105127-Ubuntu-trusty_amd64.debなど)

Vagrant のインストール

次に Vagrant のインストールをします。
Vagrantよりダウンロードしてください。
Ubuntu の場合は「DEBIAN」です。
ここでは、 Vagrant 1.8.1 の DEBIAN 64bit 版をダウンロードしました。

続いてインストール。
ダウンロードしたフォルダに移動後、 dpkg コマンドを実行します。

$ cd ~/Downloads
$ sudo dpkg -i ファイル名(vagrant_1.8.1_x86_64.debなど)

CakeBox のセットアップ

$ cd ~/cakebox
$ cp Cakebox.yaml.default Cakebox.yaml
$ vagrant up

ダウンロードには時間がかかります。回線と時間に余裕があるときにしてください(`・ω・´)

==> default: ---------------------------------------------------------------
==> default: CakePHP v3.0.8 Console
==> default: ---------------------------------------------------------------
==> default: Disabling Cakebox debug mode
==> default: Command completed successfully

==> default: Machine 'default' has a post `vagrant up` message. This is a message
==> default: from the creator of the Vagrantfile, and not from Vagrant itself:
==> default: 
==> default: Your box is ready and waiting.
==> default: 
==> default: => Login to your Dashboard by browsing to http://10.33.10.10
==> default: => Login to your virtual machine by running: vagrant ssh

上のように表示されたら、セットアップ完了です!

指示通りブラウザからhttp://10.33.10.10に(それぞれの環境によって違うかもしれません)アクセスしてください。
ログインの画面が出たらそのままログインで私の場合はダッシュボードが表示されました!

つづきは次の記事へ!
CakeBoxでアプリケーションを作成する

コメント
トラックバック
ページトップへ